眼科に行って「ドライアイ」と診断された

健康関連情報

この2か月くらい、ずっと目に「疲れ」「沁みるような痛み」が生じていて、目が充血気味でした。

 

目の病気を患ったことはないので「単なる疲れ目だろう」と思っていたのですが流石に気になり、駅前の眼科へ今日行ってみました。

 

すると医師から「目が乾いてるなー」と。

 

ドライアイと診断されました。

 

写真で眼球の写真を見せてくれて「この辺に小さな傷があるでしょう?ドライアイだとこういう傷が出来て、それで沁みるような刺激が生じるんだよ」と。

 

で、以下の目薬が処方されました。

 

ジクアス点眼液3% 5ml

効能:

水分やムチンの水分を促進し、涙の量と質を改善し、ドライアイを治療するお薬です。

注意点:

2種類以上の点眼薬を使用する場合には5分くらいの間隔をあけて下さい。

コンタクトレンズを使用したまま点眼可能です。

 

アイケア点眼液0.3% 5ml

効能:

目の傷を治療したり眼の乾燥を防止するお薬です。

注意点:

2種類以上の点眼薬を使用する場合には5分くらいの間隔をあけて下さい。

コンタクトレンズを使用したまま点眼可能です。

 

ドライアイになったことが無かったのですが、そんなに重篤な診断が下されなくて安心しました。

 

「毎日5回~8回くらい点眼することで1か月以内に治るだろう」とのことです。

 

診察代・薬代合わせて3000円

 

来冬からは、同様な症状が生じる前に、市販の目薬で目を潤そうと思います。

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックURL